« 2010年5月 | トップページ

2014.05.21

遊行寺坂一里塚跡

一里塚跡標柱江戸時代には崖上レベルに旧東海道があったということなので、
崖上向かい階段を上ってみた。
確かに、一里塚跡痕跡は何も残っていない。

明治地図でも、このあたりの街道脇には家屋があるようである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.05.20

新田義貞の鎌倉攻め/洲崎古戦場へ入る道

洲崎古戦場へ入る(進行方向は鎌倉)へ入る道が不思議で、
今はモノレール下道だから、大船方面から道があるわけだが、
鎌倉街道上道とされているところからわずかに外れ
明治の地図では道がなさそう。

で、

新田義貞の鎌倉攻め

小手指原古戦場から鎌倉へ入るルートを示してくれていますが、
洲崎古戦場へは大船方から入っています。
藤沢宿あたりまでは、鎌倉街道上道を上ってきて、
そこからは今の県道302号ルート、
柏尾川を渡って山崎に出て、湘南町屋駅あたりから山越え、ですね。
この山越えの元ネタは何だろう?
ここで山越えしていいなら、小袋谷から山崎経由して、の江の島道もここでいいかも

幕府方は、巨福呂坂守備隊が洲崎まで出てきたのだから、化粧坂への進行ルートは直接関係ありませんね。

洲崎古戦場碑洲崎古戦場碑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保土ヶ谷宿/権太坂はなかった

保土ヶ谷宿の成立と交通路の変遷
「権太坂はなかった」というキーワードに反応して。。

保土ヶ谷宿は、旧々東海道があって面白いところですが、旧においては権太坂もなかったとは。

権太坂権太坂 2014/5/1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.19

鎌倉街道上道

鎌倉街道上道歩き:2014/05/18 鉄砲宿から下飯田
kmzファイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村岡隧道

Img_3570_r1961/8/26の空中写真ではおそらく存在しない。(弥勒寺側の道路が存在しない。)
1963/06/22の空中写真には弥勒寺側の道路が存在するので、その間に完成と推定。
1963年は武田薬品工業の湘南工場ができた年で、その時に弥勒寺北側も村岡東部分も切通しだが、ここは隧道にしている様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.17

相州村岡七福神

弁財天弁財天 日枝神社
平成8(1996)年暮設置

寿老人"寿老人 御霊神社

毘沙門天毘沙門天 弥勒寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.16

鎌倉道踏切/東海道本線、藤沢市川名

鎌倉道踏切遊行寺~川名~手広~常盤~大仏坂切通しのルート。明治の道としては自然。

旧鎌倉街道 探索の旅 上道編(芳賀善次郎著)は、弥勒寺前~宮前~梶原~常盤のルートをとっているので鎌倉街道はこの踏切を渡らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮前川袋公園

Kimg2338_rなぜにこの位置に、この形の公園が?

1972年頃だとこの公園が正面からくる古い道で、1975年頃には左から直進する道ができて、古い道をまげてそちらに合流させた模様。

公園化は2007年にはされている。
->事業計画としては、1986年には公園化されている模様。参考URL:宮前土地区画整理事業
上記LINKより

この地域は、かつて龍燈山、長﨑山、固館(こたて)、堂坂、諏訪、川袋、腰巻と呼ばれ、

川袋というのは旧地名からきている模様。
固館というのは、今の古館橋の側ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉街道

Img_3500_r鉄砲宿


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ